世界一適当な技術ブログ

日々学んだ内容をとにかくにブログ形式でアウトプットします。(技術系中心)基本自分用備忘録です

Cloud Run(サーバーサイドレンダリング)

Cloud Run

Clouf RunはGCPで提供されているDockerコンテナをデプロイできるコンピューティングサービスです。

Firebase Hostingは静的アセットの配信を基本機能としてますが、サーバーサイドロジックの実行環境として、Cloud FunctionsまたはCloud Runに接続できます。

2019年にCloud RunとFirebaseの連携が可能になりました。

Clooud Runについて説明します。

Cloud RunとHosting連携させるメリット

  • CloudRunはasianortheast1を利用できる
  • Dockerコンテナベースなので、ポータビリティ性が高い
  • ランタイム制約がないので、サーバーサイドレンダリングアプリケ- - ションと相性が良い
  • スケーリングし易い

Cloud RunとCloud Functionの違い

FirebaseHostingは静的なアセットの配信を基本機能としていますが、サーバーサイドロジックの実行環境として、CloudFunctionsまたはCloudRunに接続できます。

かつてはCloudFunctionsしか利用できませんでしたが、あるとき、それまでかなり不自由だったFirebaseでのサーバーサイドレンダリングが、一気に業務利用可能なレベルまで引き上げられました。(2019年の4月に、CloudRunとFirebaseの連携が発表されたことがきっかけ)

上記で挙げたようなメリットを考慮するとFirebaseを利用してサーバーサイドレンダリングする場合はCloudFunctionより、ClourRunを利用する方が現時点ではベター。

Cloud RunとHosting連携イメージ

Firebaseを利用したサーバーサイドレンダリングでは、CloudRunを用いてHTMLファイルとJavaScriptからなるアプリケーションを配信し、その他の静的なアセットはHostingから配信します。

参考

Cloud Run: コンテナを秒単位で本番環境にデプロイ  |  Google Cloud

Cloud Run を使用した動的コンテンツの配信とマイクロサービスのホスティング  |  Firebase

https://qiita.com/ryo2132/items/fe3e8e7dc410a316a0be