世界一適当な技術ブログ

日々学んだ内容をとにかくにブログ形式でアウトプットします。(技術系中心)基本自分用備忘録です。

WEB

Railsアプリケーションのパフォーマンス・チューニング

railsのActiveRecordって便利だけど、実際にどんなクエリが吐かれるかチェックしてないとパフォーマンスすぐに落ちるケース多い。 遅いAPIをどのようにして発見するか? ■ 1.APM(Application Monitoring Management)を導入する おすすめはこの辺り - NewReli…

APIを設計するときに気を付けていること

WEB

APIを設計するときに気を付けていること RestAPI設計をするときに気をつけていることを殴り書きします ちなみにAPI設計を綺麗に設計することにより下記のようなメリットがあります。 1. 使いやすい 2. 保守運用が容易 3. セキュリティリスクが下げることがで…

webpackまとめ

WEB

webpackとは webpackとはモジュールバンドラーになります。 webpacklを利用することで、複数のモジュールを依存関係を解決して一つのアセットにまとめることが出来ます。(下記イメージ図) webpackメリット モジュールを一つにまとめることで、パフォーマン…

PUTとPATCHの違い

WEB

PUTとPATCHの違い WEBのHTTPメソッドにはリソースの更新処理をおこうなう時に利用するPUTとPATCHを利用します。 ただ、この違いがよくわかないので調査しました。 PUT 丸ごと更新する場合。 User を丸ごと更新する場合など。 PATCH 一部分を更新したい場合。…

HTTPのキャッシュについて

WEB

HTTPでキャッシュを利用する方法 キャッシュとはサーバーへのアクセスの頻度や通信量を減らすためにクライアント側で一度とった情報を保存しておき、必要になった時にあらかじめ取得してあった情報を利用することを言います。 ■ キャッシュを利用するメリッ…

エラーの詳細をクライアントに返す方法

WEB

エラーの詳細をクライアントに返す方法 エラーが発生した時はステータスコードをクライアントに返却します。 クライアントサイドに起因するエラーは400番台。 サーバーサイドに起因するエラーは500番台。 しかしステータスコードだけでは、詳細情報がわから…

ログインとOAuth2.0

WEB

ログインとOAuth2.0 OAuth は基本的には広く第三者に公開される API において認可(authorization)を行うために 用いられます。 よくWebサービスにログインする時にtwitterでログインするなどのボタンがあると思いますが、その裏側の構造はこのOAuth2.0が利…

Kubernetesとは....

kubernetes KubernetsとはGoogleが開発した、コンテナ運用の自動化をする為のコンテナオーケストレーションシステム。 1. Dockerホストの管理 2.サーバーリソースの空き具合を考慮したコンテナ配置 3.スケーリング 4.複数のコンテナ郡へのアクセスを取りまと…

POSTとPUTの違い

WEB

POSTとPUTの違い POSTでもPUTでもリソースを作成できます。 うん、じゃあ何が違うの? POST POSTはリソースの追加の時に利用 POSTでリソースを作成する場合、クライアントはリソースのURIを指定できない。 なのでURLはこんな感じになる POST /questions PUT …

Kintoneのwebhookを利用してRailsアプリと連携させる方法

Kintoneのwebhook利用方法 サイボウズ株式会社が提供しているKintoneのWebhookを利用してRailsアプリと連携する実装をしました。 簡易的ですが、実装方法を記載します。 Webhookとは WebhookとはWebサービスであるイベントが実行された時に外部サービスにPOS…

綺麗なURI(ルーティング)を作るときのTIPS

綺麗なURI(ルーティング)を作るときのTIPS APIを開発する時にエンドポイントのURIを設定しますが、良いURI設計を意識することが大事です。 .......でも良いURI設計とは一体なんぞや! 良いURI設計とは下記のようなものです。 覚えやすく、どんな機能をもつ…

WEB APIを美しく設計する重要性

WEB APIを美しく設計する重要性 APIを設計する時によく言われる美しい設計とは一体何なのか? また、何故美しい設計が必要なのかをまとめます。 美しい設計とは何か? API設計で美しい設計とはわかりやすく整理されており、無駄がない完成度高いものをさしま…